たるみ治療オススメのクリニック


切開施術によるたるみ治療

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
11月 16, 2014 at 2:35 PM

たるみ治療の効果を、確実に半永久的に持続させたい!

と願うなら、切開をともなった治療ほど適切なたるみ治療はないでしょう。

たるみの原因である脂肪によるたるみと、皮膚がたれてしまって起きるたるみの両方を、それぞれ抜本的に改善できるので、本格的な治療として取り組む方にとってこれほど確実な治療方法はありません。

切開は、下まぶたのまつ毛の生え際から切開し、たるみの原因となっている余分な脂肪分や、あまって伸びてしまっている皮膚を切除して、確実にたるみを取り除く方法が一般的です。

これによりスッキリと美しい目元へと生まれ変わらせることが、半永久的にできます。

まぶたの生え際とのぎりぎりの境目を切開するので、手術あとも目立つことがなく、かなり重度のたるみであっても治療できるということが最大のメリットだと言えるでしょう。

しかし、切除することによって少なからずカラダへの負担があるのは、あらかじめ理解しておくべきでしょう。

また、切開によるたるみ治療では施術後に赤みや腫れ、内出血などもともなうおそれがあるので、それら全ての症状が問題無い程度にまで収まりきるまで、数週間を要する場合もあります。

ダウンタイムとして考えた場合、たるみ治療のために切開手術をおこなったあとの抜糸を、おおよそ一週間ていど経過した段階で行います。

それから、術後の大きな腫れがおおむね一週間から二週間程度でおさまるまで掛かり、さらに赤みや内出血など、全体的な症状が完治するまでに一週間から二週間程度をようすると言われています。

すこし激しい運動や、コンタクトレンズの使用なども、術後一ヶ月程度は様子を見ながら行い、可能であれば避けるべきでしょう。

また、切開手術となるので、多くのクリニックでは相応の施術料金が掛かります。

クリニックデおこなっているコースや施術方法によって金額に違いはありますが、10万円台から30万円台まで、あなたにあった施術をえらぶことが大切でしょう。

s