たるみ治療オススメのクリニック


レーザーによるたるみ治療

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
11月 16, 2014 at 2:35 PM

光学治療法として多くの美容整形で活躍しているレーザー治療はたるみ治療においても効果を発揮しています。

大きく分けて2つの治療法が行われていて、その一つが「トーニング」

とも呼ばれるたるみ治療法です。

目の下のたるみ部分にレーザー照射をおこなうだけの治療方法なので、カラダへの負担がほとんどなく、切開による施術も、注射などによる施術も必要が一切ないので、多くのクリニックで導入が考えられ、進められている治療方法なのです。

さらに大きなメリットとして、治療後すぐに効果が実感できる点や、効果が長続きするうえに、一度の治療にかかる費用も非常にリーズナブルで、20000円台から30000円台で治療ができることが挙げられます。

しかし、目の下の皮膚はとても薄いので、レーザー治療において注意したいのは、照射時間によって効果ありすぎてしまうなどの危険性も考えられています。

これに関しても、やはりドクターの手腕に掛かっているというのは否めません。

もう一つのたるみ治療法は、レーザーを使ったリフトアップの施術です。

「アイレーザーリフト」

とも呼ばれる治療方法で、強力な他のレーザーとは違い、目元の治療に向けて専門的に開発されたレーザーによっておこなわれるたるみ治療方法となります。

フラクショナル炭酸ガスレーザーと呼ばれる最新の技術によって行われる施術は、目元のたるみを解消し、しっかりとひきしめてくれます。

あまりにも重度のたるみには大きな効果を期待できませんが、軽度のものであれば十分な効果を発揮するため、切らずに行える治療方法として人気の治療の一つです。

しかし、レーザー治療は半永久的とまでは効果が持続しないので、定期的な施術を受け直す必要があるのがデメリットと言えます。

施術後のダウンタイムは無いに等しいので、軽い腫れや赤みが出る場合でも、2.3日で引くことからも、プチ整形の一つとして施術を受けに行かれる方が多いようです。

手術が不安な方には良いのではないでしょうか?