たるみ治療オススメのクリニック


ヒアルロン酸注入によるたるみ治療

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
11月 16, 2014 at 2:35 PM

昨今の美容整形において、これほど有名な治療法もない、というくらいのたるみ治療が「ヒアルロン酸注入」

でしょう。

その手軽さから非常に多くの患者さんに利用頂いており、「プチ整形」

の代表格として知られています。

たるみ治療としては価格帯も手頃で、50000円から80000円程度と、クリニックによって注入されるヒアルロン酸の種類は違うものの、人気に拍車をかけていると言えます。

しかし、手軽ではありますが継続性に乏しく、できるだけ長く効果を期待するには、半年から1年にかけて吸収されたヒアルロン酸を、ふたたび補給する必要があるのです。

また、ヒアルロン酸の種類によってはあまりながく継続が期待出来ないものもあります。

ヒアルロン酸は学術名としてはヒアルロナンといい、厳密にはひとつの物質として確率しているのですが、整形外科などの医療機関でも用いられているものは、ヒアルロナンに加えて麻酔作用などの付加薬成分や、粒子構造によって分別されています。

たとえば、「ジュビダーム ハイドレイト」

というヒアルロン酸は、首のシワや手の甲のシワなどの「シワ」

に対して効果を発揮するものとして開発されています。

唇のボリュームを出すために使われているのは「ジュビダームウルトラスマイル」

で、目の下のくぼみやたるみ治療には、「レスチレイン」

というヒアルロン酸が用いられています。

実は、これらのヒアルロン酸は各部位ごとに目的を定めて開発されているものもあります。

たるみ治療には専用のヒアルロン酸を用いるので、例えば「レスチレイン リップ」

というヒアルロン酸はあくまでも唇のボリュームアップを目的に使われており、レスチレインと似たような名前ではありますが、絶対に目の下には注入しません。

また、日本ではまだ未認可のヒアルロン酸もあり、もしもそのようなヒアルロン酸の治療を希望する場合は、個人的に輸入を行っているクリニックで施術を受ければ、注入をうけることが出来るようです。