たるみ治療オススメのクリニック


たるみ治療の脱脂術

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
11月 16, 2014 at 2:35 PM

切らないたるみ治療法として現在注目を浴びている脱脂術とは、一体どんな治療方法なんでしょうか?

効果としては、一度のたるみ治療で、半永久的に効果が持続する「切らない」

治療法であることから、近年絶大な人気を得ている方法として、大きな注目を集めているのです。

余分な脂肪や脂質を取り除き、たるみのない美しい目元を生むこの方法は、まぶたの裏側に脂肪を取り出すための経結膜脱脂術を行い、脂肪を吸い出します。

経結膜脱脂術は施術の後がほとんど残らず、ダウンタイムが非常に少ない施術なので、人気のヒミツというわけなのです。

しかし、脱脂術だけでは目の下がくぼんでしまい、影ができてしまうことから、適切な部位に脂肪を注入する施術との併用が一般的な治療方法として用いられています。

基本的に、このような美容整形のダウンタイムとして、クリニックから受ける説明としては、腫れが一週間から二週間程度と言われるようですが、実際はもっと短い場合も多いようです。

また、脱脂術と平行して行われることの多い「脂肪注入」

では、くぼんでしまった目の下に、たるみ治療で摂取された脂肪を「なみだぶくろ」

としてふっくらとした若々しい目元に仕上げるたるみ治療法です。

なんといっても、自分の脂質を使うので、アレルギー反応や副作用がなく、自然で美しい仕上がりになります。

また、生着率が非常に高く、高い持続性を兼ね備えているので、一年以上効果が続く方もいっらっしゃいます。

しかし、注入量によって目の印象は大きく変わってしまうので、ドクターのセンスや腕に大きく左右される施術でもあります。

可能な限り、実績や口コミなどから、優れたドクターを選ぶように注意することが大切です。

また、切開する施術などとは違い、効果が永久的なものではないので、定期的な治療を続ける必要があるのも考えておくべきでしょう。

また、治療の際のダウンタイムですが、あくまでも注入だけで切る治療ではないため、ダウンタイムはほぼありません。